ブックタイトルカナフジ電工 電路資材総合カタログ Rev.13

ページ
341/486

このページは カナフジ電工 電路資材総合カタログ Rev.13 の電子ブックに掲載されている341ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

カナフジ電工 電路資材総合カタログ Rev.13

34114レースウェイ■ 表面処理について:当社製品の「電気亜鉛メッキ仕上」は「三価クロメートメッキ仕上」となります。レースウェイ施 工 例▲概要カナフジ電工のレースウェイのタイプには、30 タイプと45 タイプの2 種類があり、いずれも主に照明器具への給電とその支持材として使用致します。そして、「電気設備工事共通仕様書」(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修)等関連法規に基づき、製作致しております。本規格のレースウェイは幅が5cm 以下の二種金属製線ぴです。電気用品取締法が電気用品安全法へ法律改正され、特定電気用品以外の電気用品(旧乙種電気用品)には   マークを表示する事となりました。この他、内線規程等関連法規を後述の技術資料(レースウェイ関連の部)に記載致しておりますので、型番及び部品選択時にご参照下さい。▲電気設備技術基準の規程事項(第161 条参照)1. 形     状: 幅が5cm 以下厚さが0.5㎜以上の金属製線ぴ及びその付属品は電気用品安全法の適用を受ける二種金属製線ぴを使用すること。2. 納める電線の数: 同一線ぴ内に納める電線本数は、電線の被覆絶縁物を含む断面積の総和が当該線ぴの内断面積の20%以下とすること。3. 使用電圧の制限: 電気技術基準の第156 条により300V 以下となります。4. 支 持 間 隔: 金属製線ぴの支持点間の距離は、1.5m 以下とすることが望ましい。5. 接     地: 接地はD 種接地工事となります。但し、後述(技術資料一関連法規抜粋)の技術資料で述べられている条件で使用の場合は、同様に省略することができます。PSE